topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブ - 2011.09.20 Tue

八ヶ岳の家作り。
そもそも山に家が欲しいと言いい出したのは夫だし、
土地も建築会社も夫も気に入って決めたのだし、
お金こともやってくれたけど、後は完全に私任せなんです。
そう、「完全に」なんです。
もちろん楽しみにはしてるようなんだけど
何階建ての家になるのか知ってるのだろうか?!ってほど(笑)
まあね、好きに出来るんだからいいのですが
あんまりにもノータッチなのでちょっと張り合いないです。

そんな夫が唯一の希望としてあげたのが薪ストーブ。
山の家に薪ストーブってもちろん素敵だと思うけど
大変そうなこともた~くさんあるんですよ。
薪の確保とかメンテナンスとか、イニシャルコストだって大きいです。
薪ストーブ時代は30万円くらいで買えるけど
煙突とか設置にコストが掛かるのでざっと見積もって100万円。
もちろんランニングコストもしっかり掛かります。
薪にする木は廃材をもらってきたりしてタダという人もいるみたいだけど
私たちは今のところ薪をタダでもらえるような当てはないですし。
薪割りはけっこう楽しいというけれど
夫が本当にせっせと薪割りするのかは疑問。
すぐに使える状態のものを購入するのはもちろん一番割高ですが
そのつもりで考えておかないといけないと思ってます。

それでもとにかく夫の『唯一の希望』ですから叶えてあげないとね(笑)

機種ですが、建築会社がくれたカタログを見て気に入って
今のところ見積もりに入れてもらっているのがこちら。
duchwest.jpg
ダッチウエストのエリート。
いたって普通な感じなんだけど、スッキリしてて好きです。
エンボスが入っていたり、デコラティブな感じはあまり好きじゃなくて。

でも、これもどうだろう。
dovre.jpg
ベルギーのドブレ社製。
ほら、豆太郎とベルギーつながりだし、ベルギービール好きだし(笑)
デザイン的にはダッチウエストよりもハードな感じ?素朴?

あと、これもいいかも。
nestormartin.jpg
ネスターマーティン

それぞれ特性とかちょっと調べた限りではどれでも大丈夫みたいなんだけど
専門店に行って話を聞いてこないとね。
スポンサーサイト

メガネ記念日 «  | BLOG TOP |  » OZONEと東京ガス

プロフィール

Saori Yamazaki

Author:Saori Yamazaki
クラフト作家
主にハンドメイドフェルト作り、
手紡ぎ、手織り、手編み、など。
著書『フェルトZOO』(河出書房新社)他

ホームページ
www.atelier-charmys.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

まいにち (88)
もの作り (14)
おでかけ (11)
つぶやき (4)
本と映画 (1)
お知らせ (3)
家ができるまで (23)
- (0)
庭のこと (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。